おむすび×2

OMUSUBI BY TWO

結ばれる人とのつながり

コロナで離れる人との距離
おむすびを食べて結ばれよう。
会いたかった笑顔がそこにある。

コロナウィルスが終息の気配を見せない中、

都会の企業ではリモートワークを中心とする

「新しい働き方」が定着しつつあります。

家にいながら仕事ができるだけではなく、

通勤時間を有効活用でき、

まさに新たな世界の始まりです。

しかしながら、

毎日顔を合わせていた仲間たちとコミュニケーションが取れないと、

仕事への潤滑も失われます。

何気ない会話や笑顔のやりとり。

ちょっとしたことだけど、

離れているからこそ気づく大切なこと。

私たちが提案する

「おむすび×2(オムスビバイツー)」

という企画。

仲間とおむすびを楽しく頬張ることで

仕事の緊張から解放され、

くつろぐひと時を作ります。

 

おむすびを頬張る仲間との時間。

仕事の夢を語り、はげみに繋がっていきます。

 

コロナウィルスが終息したら、

ここ伊賀市でみんなでおむすびを頬張りましょう。

田植え、そして収穫の時期には

田んぼを背にしながら青空の下でおむすびを頬張る

おむスタコンテストが待っています。

 

(これまでのおむスタコンテストの様子)

↓ ↓ ↓

 みなさんの笑顔に会えるのを楽しみにしています。

お申し込みはこちら

おむすび×2(オムスビバイツー)について

おむすび×2(オムスビバイツー)って何をするの?

リモートワークを実施している企業様に、私たちが育てた伊賀のコシヒカリをお送りします。

そのお米をおむすびにして、社内で「おむすびパーティー」を開催していただきます。

例えば、ズームを活用した「ズーム飲み会」ならぬ「ズームおむすびパーティー」を開催するもよし、「自分の好きなおむすびの具を競い合う社内コンペ」を企画・開催するもよし!

おむすびにしていただければ、あとは自由!アイデアは無限大!!

そして、そのイベントの様子をインスタグラムやフェイスブックに投稿していただきます。(※ハッシュタグは「おむすび×2」もしくは「オムスビバイツー」を使用してください)

このコロナ禍だからこそ、普段会えないメンバー同士でむすびつく。

そして、おむすびを頬張りながら少しでもくつろぐ時間を楽しんでいただく。

それが「おむすび×2(オムスビバイツー)」です。

お申し込みはこちら

 

おむすび×2(オムスビバイツー)の概要

募集期間:2021年3月末日まで

応募方法:フォームをご入力してください

費用:お米の送料のみご負担いただきます

 

なぜ「おむすび×2(オムスビバイツー)」なの?

日本文化を代表する食べ物の一つである「おむすび」。

コロナ禍でソーシャルディスタンスの重要性が叫ばれている今、リモートワークを実施する企業が増えています。

仕事以外のコミュニケーションの時間が取れない中、おむすびを食べるだけではなく、おむすびを通じて少しでも人と人との心が結ばれることを願い「おむすび×2(オムスビバイツー)」と名付けました。

お申し込み後の流れ

①:お申し込みフォームよりお申し込みいただきます。

②:弊社担当者よりご連絡させていただきます。

③:ご指定の住所にお米を送付させていただきます。

④:社内イベントを実施していただきます

⑤:社内イベントの様子をSNSに投稿していただきます

コロナが終息したら…三重県伊賀市の田んぼで一緒におむすびを頬張りましょう!

※お申し込み後のやりとりは、メール、ライン、フェイスブックメッセンジャー、チャットワークの対応可です。

よくある質問

Q. 費用はかかりますか?

お米の送料のみご負担いただく形になります。

Q. お米はどれだけいただけるのですか?

特に上限は決めておりません。お問い合わせフォームより一度ご相談ください。(※数量によっては発送までお時間をいただく場合があります)

Q. どんなお米をいただけるのですか?品種を教えてください。

コシヒカリです。

Q. 個人的にお米を購入したい場合はどうすればいいですか?

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

お申し込みはこちら